『アジア教育史研究』第20号(2011年3月)

巻頭言

槻木 瑞生: アジア教育史研究の課題

鈴木 正弘: 清末における日本の歴史教育に対する関心の高まり―呉汝綸の日本訪問に関する考察―

 

研究ノート

赤井 ひさ子: インドにおける初等教員養成の新動向―インド・オスマナバード県のDIETを事例として―

 

教育事情の紹介

橋元 慶男: 韓国「代案教育」10年の歩みと今後の課題

 

書 評

小川 唯: 今井航著『中国近代における六・三・三制の導入過程』

吉田 眞弓: 林義勝、ゲイル・K・サトウ、寺内威太郎、高田幸男著『アジア周縁から見たアメリカ:1850年~1950年』

 

追 悼

鈴木 健一: 石田憲司先生を追悼する

 

彙報