バックナンバー掲載論文の電子公開について(依頼)

『アジア教育史研究』著作者 各位

アジア教育史学会紀要編集委員会

拝啓 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、本会では、目下、会誌『アジア教育史研究』の電子化を第30号(2021年3月発行予定)を節目に行いたいと検討を進めております。その際、バックナンバーの電子公開も併せて行う予定です。
これまで「『アジア教育史研究』投稿要領」では、「掲載された論文の著作権は本学会に帰属する」と定めておりますが、必ずしも電子化による公開を前提としたものではありませんでした。そこであらためてバックナンバー掲載論文の著作者の皆様に論文の電子公開にともなう複製及び公衆送信など関連する諸権利の本学会への譲渡につきまして、ご承諾をお願いする次第です。
つきましては、ご承諾いただけますようお願い申し上げるとともに、もしご承諾いただけない場合は、下記の要領で本会までお申し出いただけますよう併せてお願い申し上げます。
なお、本依頼文の本学会ホームページ上での公開後、一定の期間を経てもお申し出がなかった場合は、まことに勝手ながら、ご承諾いただいたものとさせていただきますのであらかじめご了承ください。
末筆ながら、皆様のますますのご活躍・ご健筆をお祈り申し上げます。
敬具

                       記
お申し出内容:電子公開を希望しない論文の著作者名、タイトル、掲載号、頁数

お申し出期間:2019年9月22日~2020年3月31日

お申し出先:アジア教育史学会紀要編集委員会事務局
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院人文学研究科 土屋洋研究室内
E-mail:hrstcy [at] nagoya-u.jp    *[at]を@にかえて送信ください

その他:電子公開はPDF化によるJ-STAGE(国立研究開発法人科学技術振興機構)上の公開を予定しています。

アジア教育史学会2019年度第2回定例研究会の開催通知および発表者募集のお知らせ

2019年度第2回定例研究会の日程等が決定しましたのでご案内いたします。
研究発表をご希望の方は、以下の要領に従い、お申し込み下さい。

【定例研究会の日時・場所について】
日時:2020年3月28日(土)  受付開始:13:00 開会:13:30
場所:明治大学駿河台キャンパス(〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1)
*時間は発表者の都合により変更する場合があります。ご了承下さい。

【研究発表申し込みについて】
(1)氏名(2)所属(3)発表テーマ(4)使用機材(5)連絡先等を明記の上、電子メールまたは郵送にて【2020年2月10日(月)必着】でご連絡下さい。
報告持ち時間:40分程度(質疑応答の時間は別に設ける)

【お問い合わせ・お申し込み先】
〒466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18 南山大学外国語学部 宮原佳昭研究室内
アジア教育史学会事務局 (問い合わせ先等についての詳細はこちらをご覧ください)

『アジア教育史研究』への投稿は、定例研究会または年次大会での研究報告が条件となっています。会員のみなさまには、自薦はもちろんのこと、院生等若手研究者をご推薦いただければと思います。年次大会へ向けての予備報告も歓迎いたします。
なお、第2回定例研究会に関する報告者・題目等詳細は、2020年2月中旬に電子メールおよび本会Webページでお知らせいたします。