バックナンバー掲載論文の電子公開について(依頼)

『アジア教育史研究』著作者 各位

アジア教育史学会紀要編集委員会

拝啓 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、本会では、目下、会誌『アジア教育史研究』の電子化を第30号(2021年3月発行予定)を節目に行いたいと検討を進めております。その際、バックナンバーの電子公開も併せて行う予定です。
これまで「『アジア教育史研究』投稿要領」では、「掲載された論文の著作権は本学会に帰属する」と定めておりますが、必ずしも電子化による公開を前提としたものではありませんでした。そこであらためてバックナンバー掲載論文の著作者の皆様に論文の電子公開にともなう複製及び公衆送信など関連する諸権利の本学会への譲渡につきまして、ご承諾をお願いする次第です。
つきましては、ご承諾いただけますようお願い申し上げるとともに、もしご承諾いただけない場合は、下記の要領で本会までお申し出いただけますよう併せてお願い申し上げます。
なお、本依頼文の本学会ホームページ上での公開後、一定の期間を経てもお申し出がなかった場合は、まことに勝手ながら、ご承諾いただいたものとさせていただきますのであらかじめご了承ください。
末筆ながら、皆様のますますのご活躍・ご健筆をお祈り申し上げます。
敬具

                       記
お申し出内容:電子公開を希望しない論文の著作者名、タイトル、掲載号、頁数

お申し出期間:2019年9月22日~2020年3月31日

お申し出先:アジア教育史学会紀要編集委員会事務局
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院人文学研究科 土屋洋研究室内
E-mail:hrstcy [at] nagoya-u.jp    *[at]を@にかえて送信ください

その他:電子公開はPDF化によるJ-STAGE(国立研究開発法人科学技術振興機構)上の公開を予定しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中