2019年度(第28回)年次大会

大会実行委員長:大澤肇(中部大学)


日時:2019年9月21日(土)

12:30より受付開始、13:00開会


会場:中部大学名古屋キャンパス 三浦記念会館 510教室

(〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-14-22)


【大会参加費】*大会参加費には、資料代等を含みます。

正会員 :1000円  学生会員: 500円  非会員:1000円


【 情報交換会費 】

3000円(一般)・2000円(院生・学生)
[ 2019.8.15追記 ]会場および会費は後日または当日お知らせします。


■2019年度年次大会プログラム■

開会挨拶 13:00〜13:05

【第一部】自由論題研究発表  司会:土屋洋(名古屋大学)

13:05〜13:35 清国留学生会館創設再考 -励志会、訳書彙編社との関係を中心に-

……郭夢垚(神奈川大学・院)

13:35〜14:05 胡適と教育改革 -新学制に伴う教育課程編成に着目して-     

……山下大喜(名古屋大学・院)

14:05〜14:35 東京工業大学における戦前期の留学生受入れ ―制度の変遷と学生間の交流

……佐藤由利子(東京工業大学)、村松晶子(同)

14:35〜14:50 〈休憩〉

【第二部】自由論題研究発表  司会:武小燕(名古屋経営短期大学)

14:50〜15:20 戦後国民政府による公立小学校の「接収」と再編 ー山東省青島を中心に

……山本一生(上田女子短期大学)

15:20〜15:50 欧米女性と植民地朝鮮の女子教育 -女性宣教師の活動を中心に

……朴宣美(筑波大学)

15:50〜16:20 学校100年史よりみる朝鮮人児童の創氏改名                

……國分麻里(筑波大学)

16:20〜16:35 〈休憩〉

定期総会/閉会挨拶

16:35〜17:20 定期総会

17:20〜17:25 閉会挨拶

情報交換会 ・・・18:00〜 

※当日は理事会がございますので、理事の方は、11時30分までに三浦記念会館501教室(会場と同フロア)までおいでください。 

【学会事務局】

〒466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18 

南山大学外国語学部 宮原佳昭研究室内 アジア教育史学会事務局

(問い合わせ先等についての詳細はこちらをご覧ください)

広告

2019年度(第28回)大会のお知らせ および、大会発表者募集のご案内(2019年9月21日)

2019年度(第28回)大会および定期総会を9月21日(土)中部大学名古屋キャンパス(〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-14-22。JR中央本線「鶴舞」駅下車すぐ)において開催することが決定いたしました。大澤肇会員のご尽力に心より感謝申し上げます。

今回は、午前・午後とも自由論題の研究発表をおこなう予定です。つきましては、年次大会の研究発表を希望する方は、以下の要領にてご連絡下さいますようお願いいたします。

なお、大会についての詳細は、8月中旬に電子メールならびに学会Webページで公開予定の「大会プログラム」をご参照下さい。多数のご参加をお待ちいたします。

【研究発表申し込みについて】

(1)氏名・(2)所属・(3)発表テーマ・(4)使用機材等の有無・(5)連絡先等を明記の上、電子メールまたは郵送にて、7月30日(火)必着で学会事務局までご連絡下さい。

 応募人数は最大8名で、応募者多数の場合は選考することがあります。また、研究発表は2030分程度、質疑応答510分程度の予定ですが、発表者数により変更することがあります。

【発表要旨の提出について】

例年、大会当日に「発表要旨集」を配付しております。つきましては、研究発表を上記手続きに従い申し込まれた方は、8月30日(金)必着で掲載する原稿をお送り下さい。なお、書式等は以下のとおりといたします。

○原稿は、A4判用紙を縦に使用し、各人1枚を制限といたします。用紙上部には必ず「発表題目」および「氏名(所属)」を記入し、用紙の周囲上下左右各30ミリ程度を余白としてください。(字数や字の大きさ、文字形式、レイアウト等は、用紙1枚以内であれば自由です。)

なお、お送りいただいた原稿は原則そのまま印刷いたしますので完成原稿でお願いいたします。

【申し込み・要旨提出の宛先】

〒466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18 

南山大学外国語学部 宮原佳昭研究室内 アジア教育史学会事務局

(問い合わせ先等についての詳細はこちらをご覧ください)


【不開催】2019年度第1回定例研究会(2019年6月15日)

2019年度第1回定例研究会は、研究発表の申し込み締め切りまでに発表希望がありませんでしたので、不開催といたします。

2019年度第1回定例研究会の日程等が決定しましたのでご案内いたします。

研究発表をご希望の方は、以下の要領に従い、お申し込み下さい。

【定例研究会の日時・場所について】

日時:2019年6月15日(土)  受付開始:13:00 開会:13:30

場所:南山大学(〒466-8673愛知県名古屋市昭和区山里町18)

【研究発表申し込みについて】

(1)氏名(2)所属(3)発表テーマ(4)使用機材(5)連絡先等を明記の上、電子メールまたは郵送にて【5月13日(月)必着】でご連絡下さい。

報告持ち時間:40分程度(質疑応答の時間は別に設ける)

【お問い合わせ・お申し込み先】

〒466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18 

南山大学外国語学部 宮原佳昭研究室内 アジア教育史学会事務局

(問い合わせ先等についての詳細はこちらをご覧ください)

『アジア教育史研究』への投稿は、定例研究会または年次大会での研究報告が条件となっています。会員のみなさまには、自薦はもちろんのこと、院生等若手研究者をご推薦いただければと思います。年次大会へ向けての予備報告も歓迎いたします。

2018年度第2回定例研究会のお知らせ(2019年3月29日)

※3月14日 上記定例研究会および国際シンポジウムのポスターを追加しました。印刷用のPDF版は、こちらからダウンロードしてください。

東アジアの教科書ポスター.jpg

アジア教育史学会2018年度第2回定例研究会を下記の通り開催いたします。 今回は本会主催・名古屋大学共催の国際シンポジウムとなっております。会員・非会員を問わず、多数のご参加をお待ちしております。

日時 : 2019年3月29日(金)10時~17時30分
会場 : 名古屋大学東山キャンパス文学部本館127講義室
主催 : アジア教育史学会、共催 : 名古屋大学大学院人文学研究科

プログラム :
午前の部
10:00-10:10 開会挨拶

10:10-11:00 「対置関係に注目した教科書分析 ―国定歴史教科書にみるマジョリ ティとマイノリティを事例に―」 田中 裕史(名古屋大学大学院生)

11:10-12:00 「経亨頤と日本 ―清末日本留学生による教育学伝播を考える―」 小川 唯(明海大学外国語学部講師)

午後の部
13:30-15:00 「陳独秀『万国地理』と日本の早期教材との関係源流考」 (「陳独秀的“万国地理”与日本早期教材的関係探源」) 石 鴎(首都師範大学課程与教学研究所所長・特聘教授)

15:10-16:40 「夏丏尊と自然主義教育学の翻訳・紹介」 (「夏丏尊与自然主義教育学訳介」) 劉 正偉(浙江大学教科書研究中心主任・教授)

16:50-17:20 パネルディスカッション 石 鴎(同上)、劉 正偉(同上)、高田 幸男(明治大学文学部教授)、黄 東蘭(愛知県立大学外国語学部教授)

17:20-17:30 閉会挨拶
(18:00-20:00 懇親会(会費制))

問い合わせ : 土屋 洋 名古屋大学大学院人文学研究科
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
TEL: 052-789-2259
E-mail: hrstcy [at] nagoya-u.jp ※[ at ] の部分を@に変えてください。

その他:参加無料、申込不要、日本語通訳あり

アジア教育史学会新ウェブサイト立ち上げのお知らせ

このたび、アジア教育史学会では、新しいウェブサイトを立ち上げました。これまでホームページとブログの二本立てで情報公開・発信を行ってきましたが、あらたにwordpressを使ったサービスを利用し、情報発信を統合・一元化するとともに速やかに行っていく所存です。

旧ウェブサイトは、Yahoo!Geocitiesのサービス終了に伴い、データを本サイトに移管のうえ、閉鎖いたしました。また学会ブログはしばらくのあいだ、閉鎖せず、当サイトと同時並行で更新・情報発信して参ります。

新ウェブサイトのアドレスは、これまでどおり、http://www.asiakyouikushi.net になります。今後ともよろしくお願いいたします。

※3月10日9:30現在、MacOS 10.14.3上での Safari 12.0.3、FireFox 63および、iOS 12.1.4上でのSafariにおいて動作・閲覧が確認できております。

2018年度(第27回)年次大会

大会実行委員長:山元貴尚(国士舘大学)

日時:8月6日(月)9:30より受付開始、10:00開会

会場:中央大学駿河台記念館 480教室(〒101-8324 東京都 千代田区 神田駿河台3-11-5)

連絡先:03-3292-3111(記念館事務室) http://www.tsukyo.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/

【大会参加費】 1000円(一般) / 500円(院生・学生) / 1000円(会員外参加者)*大会参加費には、資料代等を含みます。

【 情報交換会費 】 3000円(一般) / 2000円(院生・学生)*会場:上海味わい 050-5593-9757

 

2018年度年次大会プログラム

開会挨拶 09:55-10:00

 

自由論題研究発表 [午前の部] 司会:向野正弘(埼玉県立所沢西高等学校)

10:00-10:30 中国人留日学生の経費問題についてー1924-1937…張一聞(明治大学・院)

10:30-11:00 中国教育史上の体罰について…片山兵衛(海老名市教育委員会)

 

特別講演
11:00-11:50 古垣光一会長退任記念講演「古代中国における学と教育」

11:50-13:00 (昼食・休憩*役員会 410教室)

 

特別企画 [午後の部]
シンポジウム「教育から地域史をみる」 司会:山本一生(上田女子短期大学)

13:00-13:05 シンポジウム趣旨説明…高田幸男(明治大学)

13:05-13:25 「浙江省教育会の研究から見えるもの」…小川唯(明海大学)

13:25-13:45 「満洲における学校教育と同窓会ネットワーク」…佐藤量(立命館大学)

13:45-14:05 「日・米との教育交流のあり方から見た天津地域社会のスタンス―清末民初を中心に―」…戸部健(静岡大学)

14:05-14:25 「近現代中国における「改良風俗」と地域文化―江南地方の場合」…佐藤仁史(一橋大学)

14:25-14:35 休憩(410教室)

14:35-15:35 討論

 

定期総会/閉会挨拶

15:50-16:30 定期総会
16:30-16:35 閉会挨拶

情報交換会(「上海味わい」) 17:00-

2018年度第1回定例研究会のご報告

5月19日の今年度第1回定例研究会は、上田女子短期大学の山本一生会員と長野大学の塚瀬進氏のご尽力により、盛会のうちに終了しました。当日は、会員のほか上田短大の学生や中国特別研究生も出席しました。また翌日は、山本会員の案内で上田城や北国街道の宿場町柳町、そして無言館を見学しました。山本会員と塚瀬氏のご厚意に感謝いたします。

研究会の様子(塚瀬氏による研究報告)20180612234225bf0.jpg

見学会の様子(上田城)

20180612234226d7d.jpg